AX

宮脇元康のブログ

宮脇元康のブログです。

「クリエイティブフロンティア 夜逃げ」「クリエイティブフォース 夜逃げ」という「宮脇元康」の関連検索キーワードについて

私の名前「宮脇元康」でGoogle検索をすると検索キーワードに

クリエイティブフロンティア 夜逃げ

クリエイティブフォース 夜逃げ

というキーワードが表示されます。

 

本日はこの件について扱います。

 

クリエイティブフロンティア株式会社とクリエイティブフォース株式会社は、
私、宮脇元康が代表取締役の法人名です。

当然ですが、私も同社も「夜逃げ」などしていません。嘘の情報です。

クリエイティブフロンティア株式会社はベンチャーキャピタルからの投資を受けています。夜逃げをしている会社に投資はされません。

 

では、なぜこんなネガティブなキーワードが表示されるようになったのか説明します。


Twitter上に「ソーシャルゲーム保全委員会」というソーシャルゲーム会社やソーシャルゲームに関わるクリエイターに対して誹謗中傷を繰り返しているアカウントが存在しました。(現在はアカウントを消して逃げています)

当該アカウントが、悪ふざけで「クリエイティブフォース、クリエイティブフロンティアの社長は夜逃げをしている」などと中傷のツイートを投稿して、それが多数リツイートされました。

下記がそのアカウントのスクリーンショットです。

 

f:id:m_miyawaki:20171029020600p:plain

 

そのツイートから興味をもった人達によって、このキーワードでGoogle検索が多数されました。

結果「検索を沢山されるキーワードが、関連キーワードに表示される」というGoogleの検索表示アルゴリズムによって、関連キーワードに表示される事になってしまいました。

 

繰り返しますが、夜逃げなどしておらず、事実無根の誹謗中傷です。


当該アカウントにはTwitterのダイレクトメッセージで、該当のツイートを消すように求めましたが、連絡の途中でTwitterアカウントを削除して逃亡しました。

とはいえ、最初の段階で携帯番号を聞き出しました。

携帯番号がわかると、弁護士を通せば住所氏名など個人情報が特定出来ます。

 

本件の状況を鑑みて、弊社の顧問弁護士に対応を依頼しました。

調査の結果、既に個人特定、電話番号、住所特定も完了しています。

引き続き法的な対応は進めていきます。
 

また、Googleに対しても、検索キーワードの削除を申し立てておりますが、Googleのポリシーとして、「検索が多数されたものを表示しているだけで、表示の削除は出来ない」との回答を得ています。

しかし、検索エンジンの運営者にはプロバイダー責任法のように、運営責任もあります。現実的に私は被害を受けていますので、引き続き弁護士を介して削除の交渉を行って参ります。


以上のとおり、本件についての説明とさせて頂きます。

 

宮脇元康